シンプルライフとガジェットのブログ

シンプルライフを目指しつつ、ガジェットも好きなんです

2018年の手帳は高橋のNo.69で決まり

 今年の9月から使い始めた紙の手帳は高橋のNo.69。A5サイズのウィークリーレフトタイプでノートもついているタイプ。 
こいつが思っていた以上に使いやすく、2018年版も一ヶ月前にAmazonにて購入済みであった。 

よい点はなんといっても、大判で大きな字で書けるということ。 
老眼はきていないが、大きな字でがんがん書けるのは心地よい。
それに今後はいるかわからない予定のために、小さな字で書いてスペースを確保するなどの配慮は不要である。自由に書いて、バンバン追記できるのである。 
また、年齢早見表や印紙税一覧、路線図なども定番のおまけもついて、よく使うのだが、これも大判ならではの見やすさとなっている。 

2点目は「程良い厚み」である。 
厚い手帳というのは欠点ばかりと思っていたが、そうでもない。A5サイズと大判なので厚みがあってもしっかりと開いてくれる。これが小さい版だとすぐ閉じてしまって使いにくい。
それに、厚みがあるということは丈夫であるということ。鞄の中で動いてもよれにくい。高橋手帳のカバーはレザー調のビニールだがこれがしっかりとしていて強い。安心して鞄に放り込める。
さらに厚みがあるので付属のペンホルダーにペンを刺しても飛び出ず一体感のある収まりとなる。 

3点目はノートとして使える。 
12月以後はページ数の多いノートが備えてある。スケジューラーに書ききれないことや、備忘録、ToDoリストとしてもつかえる。(ToDoリストは別冊で付属するのでこちらでも可)
ページ数が多いので、こちらもガンガン書けるのである。 

長年手帳買い換えてきたが、現在のモノが過去最高の大きさとなる。
もちろんプライベートで持ち歩くには大きすぎることから、かつては敬遠していたタイプの手帳だったが、プライベートで出先でメモする必要があるときはiPhoneのメモに書いておけばよい。
それに大概の予定はすぐ確定する必要はなく、家に帰ってからしっかりと確認して先方に伝えるなどすればよいのである。 

2018年の予定を書き込むのが楽しみだ。