シンプルライフとガジェットのブログ

シンプルライフを目指しつつ、ガジェットも好きなんです

radikoを車で聞く理由

スマホのアプリ「radiko」を使っている人は多いと思います。

私はかなり使っている方だと思うのですが、車でも使うことが多いです。車にはラジオがついているのですが、あえて「radiko」を使うことのメリットは大きいのです。

f:id:gmuro6:20170922075012j:plain


まず、音がとぎれない

電波の状況が悪い場合でも、通信は可能なことが多いので、トンネルでも切れないのです。


2つめは、音がクリア

私はAMラジオが好きなのですが、AMは音が悪い。でもradikoでは音がクリアで、FM並。音楽も気持ちよく聞くことができます。


3つめは、タイムフリーで何時でも聞ける

radikoのタイムフリー機能はいつでも好きな番組が聞けること。主に深夜の番組が好きな私は、翌日の通勤や帰りに深夜番組を聞きながら帰ることも多いのです。

タイムフリーは一度ダウンロードすると3時間の間に聞かなければならず、ダウンロードは一度しかできません。制約も多いこの機能ですが、一週間分のデータが保存されており、好きな番組が何時でも聞けるのは、テレビの全チャンネルを録画しているようなもの。そもそも録画のような設定も不要なのです。


通勤では、イヤホンジャックからカーオーディオのAUX端子にいれ、車内スピーカーから出力しています。ケーブルだって数百円で手には入りますし、ラジオ日経2の番組はほとんど音楽ですから、車内で有線放送が聞けるようなもの、車では音楽がいいと言う人も楽しめます。


気になるのは、通信費ですが、私は格安SIMを使っています。音声データというのは比較的データ量としては少ないわけですが、1時間2時間と使う場合はそれなりの通信量となります。


ですが、私の使っている格安SIMは、低速モードがあります。これは通信スピードをかなり低速に押さえる機能なのですが、これで通信したときのパケットはカウントされない仕組みなのです。radikoの通信スピードはこの低速モードで十分にいけるのです。したがって毎月の通信量を消費することなく楽しめるわけです。


そもそも、ラジオなんか聞かないという人にはメリットを感じられませんが、とりあえず試してみてはと思うのです。たまにはいいですよ、ラジオ。