シンプルライフとガジェットのブログ

シンプルライフを目指しつつ、ガジェットも好きなんです

フリクションボールペン、使いまくったら1ヶ月でインク切れしました

高橋手帳№69を手に入れて、一緒に運用している、消せるボールペンのフリクション

手帳はもちろんのこと、仕事でも使いまくっていたら、1ヶ月でインクが切れました。

 f:id:gmuro6:20170913073140j:plain

もともと、手帳に書くことに最適と思い買った次第ですが、日頃仕事でもシャープペンシルを多用していたところをフリクションに置き換えて使っていました。

机の上はフリクションとマーカー、赤・黒ボールペンのみとなっており、ずいぶんとシンプルな環境を構築。おかげで仕事もはかどる?ような気がして、惜しみなく使っていたわけですが、ここ1週間ほどインクの濃さが目に見えて薄くなり、「そろそろかな・・・」と思っていました。

 

ちょうど1ヶ月で1本となると、12ヶ月で12本となるわけです。アマゾンでは3本入り3セットで860円でしたので、大体1本100円弱、1年で1,200円ほどとなりますかね。

会社のシャープペンシルの替え芯は、タダですから、コストと利便性のバランスをどう考えるのかということになります。

 

しかし、私は当分フリクション自腹で行きます!

やっぱり便利、書きやすい、消しゴムいらず!元には戻れない!

 

フリクションボールペン誕生から、今年で10年とのことですが、いまさら良さに気がつくとは・・・。こいつを上回る筆記用具が誕生するのか?俺はいつまで使い続けるのか?

未知数ですが、とりあえずアマゾンで3本3セット買っておきます。お尻のラバーもまだまだなんともなっていないので、替え芯対応で十分ですね!